Pocket

griefcare-program_t

自分らしい人生を取り戻すこと。
喪失を乗り越えること。
人生には気持ちの整理だけでは解決しない問題があります。
プログラムを通して人生の目的や心身の扱い方を学び、あなたらしい人生を取り戻しましょう。

自己実現プログラム(PSM)

  • 他人に振り回される人生に疲れた
  • 悲しみや怒りを抑えきれない
  • 自分の居場所がどこにもない
  • 何をやっても心が満たされず虚しい
  • 生きている実感が持てない
  • いつも他人の目が気になってしまう
  • 買い物や憂さ晴らしをしては後悔する
  • やりたくない仕事ばかりで人生つまらない
  • 報われない恋愛を繰り返してしまう
  • 自分が何をしたいのかわからなくなった

このような体験はないでしょうか。

頑張れば頑張るほど、本当の自分を見失ってしまうことがあります。
他人や世間の「あるべき姿」にとらわれ、自分らしく生きられなくなってしまうのです。
今の状況はとても苦しいでしょう。

でも、あなたのせいではありません。
あなたが人生をより良くしようと、必死に頑張っているのはわかっています。

一度きりの人生を真剣に生きるあなたにこそ、知ってもらいたいことがあります。
ほんの少しのコツで、あなたは楽になるし、思い通りの人生を送れるようになるのです。

あなたの人生をひもとき、その中にちりばめられた感情や気持ち、思い出の断片を集めていくことで、あなたの人生を結ぶ1本の糸が見つかります。
その糸が「あなたの人生の目的」につながっています。

「わたしはこのために生きている!」

自分を軸とした目的が見つかると、あなたがあなたらしく輝く原動力となります。
やる気や行動力は湯水の如く湧き出てくることでしょう。

あなたが本当の力を取り戻したとき、あなたの周りの環境も驚くほど変わっていきます。
いつか人生を振り返る時、あの時が人生のターニングポイントだったと思えることでしょう。

このプログラムでは、カウンセラーと一緒に人生をひもときながら、人生の目的を取り戻していきます。
さらに、現実的な問題に対処するための心のしなやかさ、強さ、健康、習慣なども同時に学び、トレーニングしていきます。

  ご利用の流れ
料金は期間と内容によって異なります。
詳しい内容はお問い合わせください。


喪失のケアプログラム

私たちは生きている限り、苦しい2つの現実にいつかは向き合わねばなりません。
ひとつは身近な人を失うこと
もう一つは自分の死に直面することです。

この大きな出来事を乗り越え、その後の人生をしっかり歩んでいくためのプログラムをご用意しております。

プログラムでは複数回にわたって心理について学び、
一緒に課題に向き合っていきます。

プログラム終了後には自分のなすべき方向性を見出し、
穏やかに一歩を踏み出していただけるはずです。

大切な人を亡くしたつらさを乗り越えるグリーフワーク(全7回)

大切な人を亡くされたご遺族さま向けに、喪失感や悲しみをケアするプログラムです。

どんな形であれ、身近な人を亡くすと私たちの心は深く傷つきます。
その傷によって遺された人は気が動転したり、気が変になったような感覚を覚えます。
亡くした人の幻覚を見たり、
やるべき仕事に集中できなくなったり、
深い悲しみに心を奪われたりすることが、
実は普通の経験なのです。

全7回のプログラムでは身近な人を亡くしたつらさと静かに向き合いながら、
人の心について学びます。

そのうえで、心の整理の方法を探り、
今後どうやって生きていくかを一緒に考えていきます。

プログラムは来談者さまに合わせてお作りします。
詳しい内容はお問い合わせください。

  ご利用の流れ
  料金

おだやかに病気とつきあう心のケアプログラム(全5回)

患者さま・ご家族さま向けに、病気を抱えた精神的な苦しさや不安・恐怖をケアするプログラムです。

癌や余命を宣告されると、誰でも大きなショックを受けます。
それはご家族さまも同じです。
その不安や恐怖を誰にも相談出来ずに抱え込んで過ごすのはとてもつらいものです。

全5回のプログラムを通して、
患者さまご本人とともにご家族さまの傷ついた心をケアしながら、
人の心について学びます。

そのうえで、心の整理の方法を探り、
今後どう過ごしていくかを一緒に考えていきます。

プログラムは来談者さまに合わせてお作りします。
詳しい内容はお問い合わせください。

  ご利用の流れ
  料金

Pocket