Pocket

sheepandsky

対面または電話によるカウンセリングで悩みを整理し、一緒に解決の糸口を探します。
柏市内の静かな林に隣接するカウンセリングルーム、または柏駅周辺のカフェかミーティングルームもご利用になれます。
すべて予約制です。

カウンセリングのご案内

毎日モヤがかかったような気分ですっきりしない。
日々の生活に追われて本当の自分を見失った気がする。
振り回される恋愛ばかりで苦しい。
毎日がつらく、生きる意味がわからなくなった。
わたしの気持ちを誰もわかってくれない。

・・・そんなふうに、人生を楽しめていない自分に気づくことはないでしょうか。
生きづらさを感じながらも、それを誰にも言えず、言ってもわかってもらえず、ずっとひとりで背負っていないでしょうか。

当相談室は、あなたにとって「安全」な「癒やし」の場であることを目指しております。
リラックスした雰囲気のなかで、どんなことでもお話しください。
身近な人には話しにくいことでも、ここでなら安心して話しても大丈夫です。
あなたのお話を親身になってじっくりと聴かせていただきます。

どんな小さな悩み事もあなたの人生に深く関わっています。
それらに丁寧に向き合うことが、本当のあなたを見つけるヒントとなるのです。

不安や悩みでがんじがらめの毎日から、あなたらしく輝く生き方へ。
人生を変えるはじめの一歩を一緒に踏み出しましょう。


当相談室のカウンセリングメニュー

  初回無料電話・メール相談

当相談室を初めてご利用の方に、初回の電話またはメール相談を無料でさせていただいております。
  初回無料電話・メール相談

  対面・出張カウンセリング

当相談室にお越しいただくか、ご希望の場所にお伺いして実施する対面のカウンセリングです。
  対面・出張カウンセリング

  銀座こころのデトックス

新橋駅から徒歩7分。銀座のバー エル・ベンセドールでカウンセラーと対話しながらストレスを解消するサービスです。
  銀座・こころのデトックス

  電話相談

ご自宅やご都合の良い場所からお電話をいただき、電話にてカウンセリングを行ないます。
  電話相談

  メール相談

Eメールを利用し、文章によるカウンセリングを行ないます。
  メール相談


カウンセリングとは

豊かな未来への自己投資
カウンセラーと共に人生の諸問題を解決していくカウンセリングは、ときに人生を変えるインパクトがあるものです。
なぜならその根底にある目的が、相談者さまが本来持っている力を最大限に発揮することだからです。
費用以上の有形無形の豊かさを得られることを考えると、カウンセリングは費用対効果の高い自己投資と言えるでしょう。

秘密厳守だから安心して話せる
カウンセリングとは相談者さまの悩みや問題について心の専門家であるカウンセラーと一緒に考えていくことです。
お話された内容が外に漏れることはございません(守秘義務といいます)。
誰にもお話しできないような内容でも安心してお話しいただけます。

カウンセリングの効果
ここでは当相談室で中心となる「傾聴」の特徴的な効果をご紹介します。

  • 自分の気持ちや悩みをカウンセラーと共有することで、気持ちがとっても「楽」に「軽く」なります。肩の荷をカウンセラーにも預けるようなイメージです
  • カウンセラーとこころのふれあいを持つことで「自分は一人ではない」「自分を支えてくれる味方がいる」と安心した気持ちになります
  • 話しながら少しずつ自分の気持ちを整理でき、自分自身で「良い方法」や「気づき」を得られるようになります。リラックスし、気持ちが軽くなると、本来の考える力を発揮できるようになります

傾聴を続けながら、人生の岐路に立つ悩み、耐え難い深い悲しみ、生き方の悩み、八方塞がりの気持ちなど、相談者さまの悩みを共に分かち合い、一緒に考え、解決するための糸口を探していきます。

カウンセラーは共に歩む伴走者
人生で重要なことをカウンセラーが一方的に指示したり、決定することはございません。
最終的に相談者さま自身が決定するための援助をいたします。
ここでの主人公は相談者さまであり、カウンセラーはあくまで伴走者として共に歩み、支えるのです。

ただし、お話を聴かせていただくなかで、DV被害や虐待、認知症の問題など、具体的かつ早急な支援が必要になることがございます。
その際は専門機関の紹介、または専門的な支援経験を積んだカウンセラーが対応いたしますのでご安心ください。

カウンセリングの時間は相談者さまのためのものです。
「こんな話をしたら不快に思われないだろうか」「こんなことを話したら変に思われるのでは」と気になさる方もいらっしゃいます。
カウンセラーはどんなお話でも受け止め、一緒に考えていく専門家ですから、どうか勇気を出して、お話ししてみてください。


カウンセリングの限界

医療行為としての治療、投薬はできません
カウンセリングは医療行為ではございません。
したがって診断や治療、投薬は一切できません。
すでに医療機関を受診されている方や、受診が必要と考えられる方には、カウンセリングをどのように利用すれば良いかを相談しながら進めていきます。
重篤な精神疾患をお持ちで通院されている方は予め主治医に相談のうえでご利用ください。
また、自傷他害のおそれがある方は、ご相談のうえでご利用をお断りするか、専門機関をご紹介する場合もございます。

二重関係の禁止
相談者さまとカウンセラーの二重関係は原則として避けねばなりません。
二重関係とはカウンセリング関係以外で、友人、恋人、上司と部下など二重に関係性を持つことです。
二重関係ではカウンセリングになんらかの利害や私的な感情が影響し、適切なサービスを提供できなくなる可能性がございます。
したがって、当相談室のカウンセラーは相談者さまと継続的なカウンセリング期間中に多重関係になることはございません。


たとえばこんな方にご利用いただいています

  • うつ状態で苦しい
  • 友だちに死にたいと打ち明けられた
  • 身近な人の死を受け入れられない・グリーフケア
  • ペットロスから立ち直れない
  • 過去のつらい経験が頭から離れない
  • 恋愛の悩み
  • 夫婦問題
  • 家族の人間関係
  • 子どもの不登校・ひきこもり
  • 職場のパワハラ・セクハラ
  • 理不尽な仕事に耐えかねている
  • 仕事を辞めたい・転職・キャリア
  • いつもダイエットに失敗してしまう
  • 人間関係にストレスを感じている
  • 生きていくのがつらい
  • 自分はこのままで良いのか自信がもてない
  • 自分らしくハッピーに生きたい
  • 話し相手がほしい
  • 日頃たまった鬱憤(うっぷん)を話してすっきりしたい

以上のように日頃のストレス解消から悩み事、問題の解決までさまざまなご相談がございます。
悩み事の相談でなくても、疲れたからだをマッサージでほぐすように、疲れたこころをカウンセリングですっきりリフレッシュされる方もいらっしゃいます。
カウンセリングを上手に利用して、こころを軽やかに、毎日をハッピーに過ごしましょう。

Pocket