Pocket

knowledge

よくあるご質問

Q. 無料電話相談ではどんな話ができますか

A. 無料電話相談は25分間です。
限られた時間ですので一番気になっていることからお話することをおすすめしております。
初回はお聴きしながら状況や思いを整理させていただきます。
それだけでスッキリ解決される相談者さまもいらっしゃいます。


Q. どんな話でも大丈夫ですか。愚痴でもいいですか

A. どんなお話でも大丈夫です。
愚痴を誰かに話すことで気持ちがうんと軽くなります。
まずは誰かに話すこと、話したい気持ちに正直であることが大切です。


Q. うまく話せる自信がないのですが

A. うまく話せなくても大丈夫です。
気になること、話したいことがあればそれだけで十分です。
こちらでお話を整理しながら聴かせていただきます。
ご安心ください。


Q. 時間内に話が終わらないときは延長できますか

A. 次のお客様のご予約がなければそのまま45分間延長できます。
延長できない場合はその場で次回のご予約をお取りいただけます。
あらかじめ延長料金をお知らせいたしますので後払いにてお支払ください。


Q. 予約をキャンセル・変更はできますか

A. 無料電話相談・メール相談に限り前日18時までにご連絡いただければキャンセルが可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話にてお知らせください。
料金お支払後のご予約の変更は前日18時まで承ります。
その際は変更に係る手数料などはございません。
当日キャンセル、無断キャンセルにつきましてはキャンセル料が発生し、次回ご利用の際に再度料金を頂戴いたします。
ただし、やむを得ない事情の場合はこの限りではありません。
また、キャンセルの場合でも返金はいたしかねますのでご了承ください。
  カウンセリング規約


Q. 匿名でも大丈夫ですか

A. 初回無料の電話またはメール相談は匿名でも大丈夫です。
2回目以降はお支払確認の都合がございますので、お名前をお知らせください。


Q. わたしはカウンセリングを受けたほうが良いのでしょうか

A. カウンセリングを受けたほうが良いか迷っていらっしゃるということは、悩みや不安な気持ちを誰かに話すタイミングかもしれません。
初回の電話相談やメール相談が無料となっております。
よろしければ当相談室を利用してみてください。


Q. どのカウンセリングを受けるのが良いのでしょうか

A. 当相談室のカウンセリングには「対面」「電話」「メール」の3つのスタイルがございます。

【対面カウンセリング】
カウンセリングとして最もできることが多いのが当相談室での対面カウンセリングです。
アロマやリラクゼーションでくつろぎながらお話ししていただけます。
最初にお越しの際に勇気が要りますが、カウンセラーの様子を知って安心したい方には最もおすすめします。
ご自宅などでゆっくりお電話できない場合にも適しています。

【電話相談】
遠隔地の方や体調が優れずご自宅から出るのがむずかしい方、出先から利用したい方などには、お電話によるカウンセリングがおすすめです。
ご都合の良い場所から手軽にご利用いただけます。
対面カウンセリングに比べるとできることが限られます。


Q. カウンセリングとはなんですか。受けると問題や悩みが解消するのでしょうか

A. カウンセリングは相談者さまが本来持っている力を一緒に探し、相談者さまが人生を生き生きと過ごしていただくためのお手伝いをさせていただくものです。
そのために相談者さまのお話を親身になって聴かせていただき、悩みや問題を共有し、仲間となって相談者さまご自身が解決していけるよう考えていきます。
問題や悩みに立ち向かう力そのものに働きかけたり、必要に応じてトレーニングも行います。
その効果の現れ方はさまざまです。
すぐに効果がある方もいらっしゃいますし、効果が出るのに時間がかかる方もいらっしゃいます。

カウンセリングによって100%問題や悩みが解決するとは残念ながら申し上げられません。
人の人生とは複雑で奥深いものです。
問題や悩みはその人の人生と深く関わっています。
その諸問題を解決できるかどうかは相談者さま自身や環境、運などさまざまな要素が関連しているため、結果の予想が難しいものです。
しかしどんな状況であれ、粘り強くお手伝いさせていただきます。

※死にたい気持ちや自傷のおそれが強かったり、DVや重度の精神的トラブルなど急を要する場合は、専門スタッフや外部専門機関による支援に切り替えさせていただくことがございます。


Q. 対面カウンセリングに必要なものはあるのでしょうか

A. 必要なものは特にございません。筆記用具やご自分が安心できる小物などを自由にお持ち込みいただけます。


Q. 治療や薬の処方はしていただけますか

A. カウンセリングは医療行為ではございません。したがって治療や薬の処方はもとより、医学的な診断もいたしかねます。
精神科や心療内科などに通院されている方は必ず主治医とご相談のうえご利用ください。


Q. わたしの悩みを話すことに抵抗があります。それに、話すことで気分を害されるのではないかと心配です

A. 悩みを他人に話すことに抵抗があるのは自然なことです。
カウンセラーは秘密を厳守し(これを守秘義務と言います)、悩みを聴くトレーニングを受けたプロフェッショナルですから、安心してお話しいただけます。
カウンセリングの時間は相談者さまのための時間です。
ご自身のペースで話したいことだけをお話しください。
尋問のように無理に聞き出そうとすることは一切いたしません。
また、カウンセラーが相談者さまのお話で気分を害することはほとんどないものとお考えください。

Pocket