Pocket

150611-1

小さい子が泣いたとき、お母さんがイライラしながら泣くのをやめさせようとするシーンをときどきみかけます。

「そんなことで泣かないの」
「うっとうしいから泣かないで」
「そこでずっと泣いてなさい、置いていくから」

お母さんは疲れていてイライラのスイッチが入ったのか、あるいは泣かない強い子に育てる思いがあるのかもしれません。でも、小さい子が泣くことを責められてさらに泣かずにいられるかというと、そんなことはありませんよね。

たいていは、余計に大泣きしてしまいます。
お母さんとしても、余計にイライラして困ってしまいますよね。

そんなとき、まずはお子さんの気持ちを受け止めてあげる、という方法があります。
「そんなことがあったら泣くのも無理はないよね」と泣いても良いことを教えてあげましょう。

泣くのよくないこと?

その子が泣いているのはなぜでしょう。
ちょっと想像力を働かせてみてください。

  • 怪我や病気の痛みでつらい
  • やりたいことがやれなくて欲求不満
  • 言われたくないことを言われて、恥ずかしかった、悲しかった
  • 見捨てられそうな気がして不安
  • 眠くてイライラしている
  • その他いろいろ

実際のところは本人に聴かないとわかりません。その子の表現力によってはわからないか、荒唐無稽な感じがすることもあります。それでも何らかのストレスで苦しんで泣いているのは想像できますよね。大人もストレスがあると自然と涙が出ますが、子どもだって同じです。

子どもが泣くと、すぐに泣くのをやめさせたくなるかもしれませんが、泣くのはその子の自然な姿です。
泣くことでストレスを発散し、自分はストレスを感じていると周りに伝えているのです。

泣くのはよくないこと。これはそういう文化で育ってきた点と、自分が泣くのを見聞きしたくないという、たいていは大人の都合によるものです。その是非は問いませんが、子どもが泣いたとき、その子にとってどういう意味があるのか、少しだけ考えてみてください。

気持ちを聴いてあげることで、子どものストレスは軽くなる

その子がどうして泣いているのか、どう感じているのか。

成長段階に応じて、自分で説明できなければこちらから言ってあげたり、自分で説明できるようであれば評価やアドバイスなしでその子の説明を受け入れてください。

「どうしたの。〜だったの?」
「そうかぁ、〜だったんだね。それで悲しくて泣いてるんだね」

こんな風に苦しい気持ちを聴いて一緒に分かち合うことが、その子のストレスをぐっと軽くします。親に聴いてもらえたことで、その子は「自分のことをわかってもらえた」と安心するんです。

逆に、冒頭のような言葉をかけられると、ただでさえ泣くほどのストレスを感じているのに、追い打ちをかけるようにストレスが溜まります。子どもにとって親は神様みたいな存在です。そんな人にわかってもらえない、見捨てられたと思うことが大きな苦しみにつながることは想像できますよね。

泣いているときはその子を安心させてあげること
安心すると、もう、泣く理由がなくなってしまいます。

親としても子どもにイライラをぶつけずに済みますし、火に油を注ぐような大泣きにもならず、遠回りなようでストレスの少ない方法ではないでしょうか。この方法は子どもがストレスに強くなって、泣く時間もどんどん短くなっていきます。

いつもと違う泣き方のとき

怪我や病気で実際の痛みがひどいときは、もちろん何をやっても泣きやみません。普段と違う泣き方、火がついたみたいに大泣きしているときなどは注意してください。

泣くのは子どもからのメッセージです。いつもと違う泣き方は、いつもと違うメッセージと捉えてみると良いでしょう。

まとめ

  • ストレスを感じたとき子どもが泣くのはごく自然なこと
  • 何が原因でどんな気持ちになったかを批判・アドバイスせずに聴き、ストレスを軽くしてあげる
  • いつもと違う泣き方のときは、怪我や病気に注意

子どもが泣いたとき、その泣き声が気に触って責めてしまうことがあるかと思います。親にも親の都合や感情がありますから、それも仕方のないことです。ただ、責めるとかえって問題が大きくなることが多いのではないでしょうか。今回は子どもを理解し安心させてあげることが、より良い解決につながるというお話でした。

いかがでしたでしょうか。
何かひとつでもこころに残るものがありましたら幸いです。
もしよろしければコメント欄に感想などいただけると嬉しいです。

次回は「親が子どもの話を聴くことで、子どもがストレスに強くなる」というテーマで話してみます。

西たかお
心理カウンセラー/瞑想ファシリテーター/感情ケアプログラム指導者/キャリアコンサルタント
自分がうつになった経験から心理職の道へ。大切な人を亡くした悲しみ、ペットロス、うつ、事故や災害の後のつらい症状、人間関係の悩みなど、さまざまな心の痛みと悩みに対処するカウンセリングを行っています。
子どもが泣いたときは、その気持を受け止めてみよう
Pocket

Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です