Pocket

家庭でも職場でもイライラが止められない。

ちょっとしたことでキレてしまい、後悔する。

仕事に集中できずぼうっとしてしまう。

自分のこころや行動を自分でコントロールできない感じがしてとても怖い。

泣ける場面でもないのに突然涙がでて戸惑ってしまう。

どうしても自分の気持ちを周囲に伝える気にならない。

誰もわかってくれない。

自分さえいなくなれば問題が解決する。

うつ(鬱)病は日本における患者数が2008年に100万人を越え、コミックや映画のテーマにもなるなど、身近な病気としてよく知られるようになりました。
しかし、そのつらさや苦しさは案外と知られていません。

ここではうつの症状や生活の変化と
その苦しさに対処する際の基本的な考え方をご紹介します。

※カウンセリングでは病気の診断や治療はできません。
ここでは「うつ病」ではなく「うつ状態」と上手につきあうための対処法とお考えください。

うつの症状

いつもの自分と違う感じがする。
自分でもよくわからない不調がある。
そんな方は次の点をチェックしてみましょう。

身体症状と生活の変化

うつによる身体に出る症状や生活の変化の例として下記のようなものがあります。

  • 睡眠の変化
    夜寝付きが悪い・寝ても夜中に目覚めてしまう・悪夢を見る・朝いつもより早く目覚める・寝起きがすっきりしない・午前中に眠くなる
  • 食欲の変化
    食事をする気にならない・食べても美味しくない・体重が減る
  • 疲労感・億劫感
    朝から疲れている・日常的なことも億劫でしたくない・いくら休んでも疲労が取れない・疲れて布団から出られない
  • 思考力の低下
    考えがまとまらない。どうしても集中できない。かんたんなはずの仕事ができない。ミスが増える。
  • 身体の不調
    腹痛・便秘・下痢・腰痛・肩こり・めまい・吐き気・しびれなどの身体不調
  • 生活の変化
    飲酒量が増える・たばこを吸う量が増える・性生活が極端に減る

気持ちの症状

気持ちの変化の例としては下記のようなものがあります。

  • 落ち込む
    悲しい・楽しめない・やる気がでない・嫌なことが次々思い浮かぶ
  • 無力感
    何をしても上手くいかない気がする・何もできなかった感じがする・頭から離れない悩みがある。
  • 自責感
    人に迷惑をかけている気がする・自分が悪い気がする
  • 不安感
    将来や家族、会社のことなどの不安が頭から消えない
  • 人に会いたくなくなる・怒りっぽくなる
    人に会うのが怖い・人と話すのが億劫になる・些細なことで人とトラブルになる
  • 死にたい気持ち
    死にたい・自分がいなくなれば解決する・通勤中電車や車に吸い込まれそうな感じがする

これらは日常的に感じる気持ちよりも過剰で頭から離れにくいのが特徴です。
重くなると性格が変わったように見えることもあります。

「死にたい」という気持ちを含むさまざまな変化はうつの症状です。
したがって、うつが改善すれば、死にたい気持ちも消えていきます。

複数の項目が当てはまってしまう方がいらっしゃるかもしれません。

参考)ベックうつ病調査票(BDI)・・・うつ状態の重さを評価できます

もし病院でうつ病と診断されても、
うつ病さえ治療すれば上記の症状は消えていきます。
うつ病は必ず治る病気ですからご安心ください。

うつは心身が疲弊した状態

うつはがんや脳溢血などの身体の病気から発症することや、
更年期のホルモンバランスの変化から発症することもあります。
また、身体的な病気がなくとも、心身の疲労から発症することもあります。

特に、忙しい生活を送る日本人にとって、
心身の疲労によるうつは身近なものとなっています。

日々の仕事や人間関係のストレスが複数重なると、
いつもなら解消できる疲れが徐々に蓄積していきます。

参考)勤労者のストレス得点表・・・ストレスと心身の病気リスクを評価できます

疲労が蓄積するうちに体中のエネルギーが枯渇し、特に脳の機能が低下していきます。
その結果憂鬱な気分になったり、気持ちのコントロールがきかなくなるのです。

さらに疲労は蓄積するほど、回復までに時間がかかるようになります。
10分歩いたときと10時間歩き続けたときの
疲労の度合いと回復にかかる時間は全く違いますよね。

  1. 複数のストレスが重なり、疲労が解消しきれなくなる
  2. 疲労が蓄積する
  3. 脳の機能が低下する
  4. 思考力の低下や気持ちのコントロール力が低下する

うつについて上記のように考えていただければわかりやすいかと思います。

うつの本質は疲労です。

疲労を癒すには、まずはしっかり休むこと。
疲労回復にはさまざまな要素が関わりますが、
最も大切なのは睡眠時間をしっかり確保することです。

当相談室もお力になれますのでよろしければご利用ください。

電話・対面カウンセリングをご希望の方はこちら

かしわふれあい相談室ではうつに悩む方へのカウンセリングを行っております。
お申し込みはご予約フォームまたはお電話にて承ります。
※お急ぎの場合はお電話ください。

  カウンセリングご予約フォーム

電話番号:
04-7105-0395(平日10時〜21時)

Pocket